経営陣について

代表取締役兼CEO C. ジェフリー・チャー

自らのベンチャー企業の立ち上げを皮切りに、現在までアメリカ、日本において20社以上のベンチャー企業の立ち上げの経験をもつ。 日本初のソーシャルレンディングサービスを提供するmaneo、オンラインマーケティング会社のSozon(バリューコマースに売却)、ドメインレジストラのソリス(GMOインターネット売却)、電子基板製造のSSK Technology Inc.(鈴木製作所に売却)、およびネットワークセキュリティソフトウェア会社のPario Software(ルーセントテクノロジーズに売却)など数多くの企業を設立してきた。また、起業の経験を生かし、多くの企業でインキュベーション支援も行っている。 2012年から東京八重洲でベンチャーコミュニティ施設「Venture Generation」を運営。 起業家になる以前は、カリフォルニア州弁護士として勤務。
上智大学 経済学部 卒業
ハーバード大学ロースクール カリフォルニア州立大学バークレイ校にて法学博士号取得 企業研修
学生向け研修、大学、ビジネススクール講師など多数


CFO 米山智子

以前は都内某会計事務所に勤務。
J-Seedでは、市場参入時のコンサルティングだけでなく、バックオフィス等の細かい指導を行っている。
立教大学 社会学部 卒業
税理士

ディレクター 千賀信可

住友3Mに39年間勤務。その間、接着剤製品・自動車補修製品・化学製品・一般消費財製品のマーケティングと営業を担当。その後一般消費財・DIY・コマーシャルケアーの事業部長を務め、2000年にはカスタマー・テクニカル・センター長の任務を務めた。2005年からJ-Seedのさまざまなポートフォリオ企業の設立に携わってきた。

ディレクター カール・ケイ

東京、ボストンを拠点に事業を起こすとともに、日本のサービス産業の研究家でもある。彼は、アメリカのソフトウェア会社の製品を日本市場向けにローカライズする作業を援助する先駆的な会社を設立し、15年もの間経営した。同社は、1990年代の日本でのソフトウェア需要の急成長を受け、大きな成功を収めた。1998年には上級管理職として某大企業に入社、米ナスダックのIPOを介して、翌年働いていた会社を売却。それ以来、彼は、コンサルティング、リサーチ、ライティング、講義と幅広い活動を行い、日本と北米において、彼が取締役を勤めるいくつかの企業を含めたエンジェル投資では、彼が監督としてポートフォリオを管理している。彼がコンサルタントとして所属する企業では、国境を越えたマーケティング、セールス、パートナーシップの構築を援助している。彼の共著である“日本人が知らない「儲かる国」ニッポン』”は、日本のサービス産業の核心について書かれており、2005年に英語で出版された後、2006年には日経から日本語版が出版された。

ケイ氏は経営学博士(DBA)であり、一橋大学の大学院の国際企業戦略研究科にて、日本のサービス産業の変革を研究している。また彼は明治大学の非常勤教員として異文化間ビジネス戦略とその実践を教えている。ケイ氏は、代表者を務める日本ハーバードクラブを含む多くの非営利団体において現在も盛んに活動している。
1978年 ハーバード大学 東アジア言語・文明学科 首席卒業

ディレクター 梅澤 亮

10年間のフィリピン滞在を経て、2007年上智大学・比較文化学部卒業。在学中の2005年からインターンとしてジェイ・シードに参画し、複数の投資先企業で事業立ち上げやマーケティング業務に携わる。2008年から株式会社トラフィックゲート(現リンクシェア・ジャパン株式会社)にてiPhoneのアドネットワーク事業やアプリプロデュースを経験した後起業。現在は複数のスタートアップに出資している他、中国のモバイルマーケティングソリューションカンパニーや日本の企業が海外展開する際にアドバイザーを務めるなど国内外にビジネスのフィールドを拡大中。

その他2010年にSt. Gallen SymposiumのLeaders of Tomorrowに選出、翌2011年にはWorld Economic ForumのGlobal Shapers Communityに選出。CNETやTechWave等のwebメディアに寄稿もしている。

Twitter : @umemac