市場参入

日本での市場への参入は、多様なビジネスチャンスであると同時に、非常に大きなリスクとも隣り合わせです。J-Seedの代表取締役社長のC.ジェフリー.チャー氏は、適切な援助を始めから確実に行うため、あらゆる市場への参入を考えているクライアントに対し、個人的に対応しております。彼は企業関連の事項を扱う弁護士で、国境を越えた業務を長年行い、豊富な経験を持っております。

日本でビジネスを立ち上げる時、その企業が採用できる市場参入戦略は多数あります。それぞれの戦略は、費用、利益、リスクの程度が異なり、また、税金や法律への関係も異なっています。これまでに我々は、日本での起業における様々なビジネスモデルを提示することにより、多くの企業を支援してまいりました。日本での技術ライセンスを捜していたある企業は、取引交渉をするための地元のエンティティが欲しいという顧客の要求に応えるため、単なる無人の合法的なエンティティを必要としていました。また他の企業は、電話を受け、メッセージを送受信するなどのオフィス業務の手配が行えるような、仮想的な小規模オフィスを必要としていました。またあるクライアントは、オフィス施設を共有で使っていたのですが、地元の代理店を支援・監視し、共同開発協定の交渉を行い、集客や競合他社の情報収集を行うための日本の従業員(本社から派遣された社員または現地で採用した社員)を持つことにしました。また別のクライアントは、地元の代理店を直接的に援助するため、そして消費者に直接販売を行うために、自らのオフィスを開放しました。

J-Seed株式会社は、日本での起業における、管理面・法律面での手助けと、必要な外部費用全ての見積もりを行うことで、貴方をサポート致します。